検索
  • mico

自分の探求者




子供が心配で手を離すことができなかったり、彼のことを思うと申し訳なくて別れを切り出せない

「心配」や「申し訳ない」というのは自分の気持ちですが

相手は本当に心配しなければならないほどですか?

申し訳ないとは「何が申し訳ないのか?」

本当に「申し訳ないことなのか?」

手を離すことも、別れを切り出すこともそれによって相手がどう思うのか、どうするのかはなってみないとわからないし

なったところで相手が本当のところはどう感じるのかは本人しかわからない

「心配」や「申し訳ない」とそう思いたいのは自分なんです

「なぜそう思うのか?」

そこの本当のところを見つめることがとても大切

心配してたり、申し訳ないからそのままでいるというのは、その現状を変えて行くことより楽な選択をしてるかもしれない

そこに問題がなければ、もちろんそのままでもいい

けれど、もうそこから一歩前に進まなきゃ行けないとわかってるなら、まずは現状を変える前に「なんで私はそう思ってるんだろう・・・・」と、自分の気持ちの奥の奥の本当のところを見つめてみる

行動して初めて先が見えるもの

見えない先を心配しても幻想の蜘蛛の巣にひっかかってるだけ

見えない幻想の蜘蛛の巣は大きいものも小さいものもあるけれど、いつでもそれは幻想なんだと知り、その幻想の蜘蛛の巣から抜け出すこと

じゃぁ、その抜け出すためにのヒントであり、真実を学べるのがカバラ


「帝王学」です


続きは次回

#ユニーバーサルカバラ

#帝王学

#本当のところ

#真実

#蜘蛛の巣

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示